つむじの数は多い人もいて3個4個ある方も稀にいたります。

髪の毛の流れそのものを作り出している元凶となる要素なので2つ以上つむじがある方は髪型を上手く整えるのが難しくなります。


アミティではとりあえずつむじの位置や個数を見させていただき、出来るスタイルと出来ないスタイルをお話させていただきます。


一人ひとり異なる特徴があることは多いですが、つむじにもより影響力の高いものとそうでもないものがあったりします。


一番影響力の強いつむじを軸にスタイルを展開することで多少収まりのよい状態を作ることも出来ます。


髪の毛の内側にあるつむじが原因で長く伸ばしたときに収まりが悪いところが出てしまうときには、根元付近を梳くことで解消されることがあります。


ただし短いスタイルを希望されるお客様にはなかなか解決方法が見つからないのが現状です。


短いスタイルを希望される方の場合であってもつむじ付近の髪の毛は少し長めに設定するのがおススメです。


動きを出す感じのスタイルにパーマを掛けて毛先をうまく散らすことで、寝癖のような立ち方を避けてよりデザイン性の高いスタイルにすることが出来ますので、ある程度長さを伸ばしてミディアムくらいの長さになったらパーマスタイルをご検討いただけると良いかと思います。


もう一つの具体的な解決策としては縮毛矯正でつむじ付近を寝かせてしまう方法もあります。
ただ、縮毛矯正による解消方法をとった場合には伸びてきた時にうまく収まらないこともありますので髪の毛全体の長さが短い型にはあまりおススメできません。


つむじそのものは、場合によってはヘアスタイルをセットしやすくしてくれる事もありますので、活用できるスタイルを探して色々とお試しいただくことで一人ひとりに合った活用法を見つけるお手伝いをさせていただきます。


このお悩みに関しては、これをしたら解決できますというような方法はまだありませんので、なんとなくスッキリしない回答ですが、いつでも全力で向き合う事だけはお約束いたします。



お悩み内容
■つむじの数が多くて収まりが悪くなってしまう。
 
staff
coupon
blog
special
gallery
map
top
plice
アミティの 対策は!!