お客様が難しいと感じることの多いカウンセリングですが、本当に難しい要素を含んでいると思います。

アミティでは伝わりにくい専門用語などを極力使わずにお客様のお話を伺います。

そしてカウンセリングでお客様のスタイルを相談させていただく時に大切なものは、やはり共通のイメージです。

共通のイメージを持つためには、なりたいイメージに近いヘアスタイル写真などを見ながらお話をさせていただくことが有効です。

ここまでは基本的なところですので、どこのサロンでも行っていることの一つです。
当たり前のことを書いているようで大変申し訳ありません。


ここからが重要ですが、スタイルを決めるときに問題になってくるのが頭の形や髪の毛の生え方、髪質などの条件がお客様の望むスタイルに対して合っているかどうかという点です。

カウンセリングで話が伝わらないと思う最初のハードルはこの辺にあるとアミティでは考えております。

お客様の髪質となりたいスタイルの髪質が少し違ったりしているとき、担当のスタイリストさんからちょっとこのスタイルは難しいかもしれませんね・・・というようなお話になり、今出来るスタイルなどの話に進んでいく傾向があるのではないかと思います。
時にはなりたいスタイルを作るために必要な技術としてパーマや縮毛矯正等の当初予定していなかったメニューの方向性にいくこともあります。

美容師としてお客様の希望するスタイルを作るために必要な工程を正しくご提案させていただくのは大切な部分ですので、これらの対応がよくないとは思いませんが少し強引な展開になっている場合は、押し売りされたような空気になってしまいマイナスの印象に繋がることもあります。



アミティでは『強引な提案をしない』という約束がありあすので、まずお客様のなりたいスタイル写真から導き出したイメージを中心に、そのスタイルのどの辺りが一番お客様の中に強く求めるシルエットになっているのかを少し細かく聞かせていただきます。

その一番強く印象にあるポイントを大切にして、例えば髪質や生え方がスタイル写真とは合わない場合でも、お客様の髪質であればどの辺りまで再現できるのかを考えてお話させていただきます。

仮にパーマや縮毛矯正等の技術やカラーによるイメージチェンジが有効ならその辺も絡めてお客様と相談させていただき、最善の妥協点を見つけられるようにカウンセリングをしております。

気になる費用面などのお話も最終的な価格をしっかりとお話させていただき、お客様が決めてこられたご予算の範囲以内で一番最適な方法を一緒に相談させていただきます。

ヘアスタイルを作るときにお客様の希望する将来像が含まれていることもあります。
例えば、お店に足を運んでいただいた時に狙ったスタイルがあるのではなく、将来的にこんなヘアスタイルになりたいというご要望です。

このようなご要望に対しては、今どのようにして過ごしていくことでどの位の期間で希望のスタイルに近いシルエットになるのかをお話させていただき、今出来る最善の方法を提案させていただきます。


このようにお客様のなりたいヘアスタイルに向かっていく姿勢をきちんとお伝えすることが出来れば、カウンセリングやカット・パーマなどをした後に出てくる少しモヤモヤした気持ちも少なく済むのではないかと考えております。


もう一つ、アミティが気をつけて対応していることの中に、作業中でもこまめにシルエットの確認をしながら進捗状況をお客様に確認するということを行っております。

最後に仕上がってからお客様に確認をするとイメージと違うといったトラブルの原因にもなりますので、お客様が不安にならないように気をつけて対応しております。


お客様の中には最後の確認で鏡を見たときにもう少し切って欲しいと思うこともあると思います。

お客様によっては遠慮をして上手くスタイリストの方にその気持ちを伝えられない方もいると思いますが、アミティは出来る限り最後の一押しを話して頂きやすいような雰囲気を意識しております。

例えば・・・『はい!終わりました!!』・・・という雰囲気を出さないように気をつけております。

お客様一人ひとり話し方や個性もありますので、全ての方に満足をしていただくのは大変難しい課題ですがしっかりとお話を伺うことで少しでも多くのお客様からの信頼をいただけるように考えて行動しております。


お悩み内容
■スタイルの相談で話がかみ合わないと感じる。
 
staff
coupon
blog
special
gallery
map
top
plice
アミティの 対策は!!